音電ガード(現場内重機接近警報システム)

『超音波』と『電波』を用いて、重機と作業員の接近を『超高精度』に検知!


重機車両と作業員の接近を『超音波』と『電波』で高精度に距離検知し、重機車両の運転手と作業員の双方に接近を警報するシステム。重機側は運転席に設置した警報機の『音』と『光』で、作業員側はヘルメットに装着した受信機の強力な『振動』と『音』で危険を知らせることにより、騒音下でも確実に伝達が可能です。

1台分の送信ユニットで作業員の受信機は『無制限に増設する事が可能』、また、同じ現場で『送信ユニットを最大5機』で運用する事ができます。

※送信ユニットは、電波と超音波を同時に出力し、受信機は電波と音波の受信時間差により、送信ユニット」と受信機の検知距離がわかるシステムです

特 徴

  • 対応電圧:12V/24V
  • 重機側は「音」・「光」で、作業員は「振動」・「音」により警報
  • 探知距離は2段階設定(危険距離と警告距離)で1mから15mまでの設定が可能
  • 更に警告距離設定は、重機が近づいているのか離れているのか、又は停止しているのかも受信機の振動パターンで判別可能
  • 作業員の受信機は無制限に増設可能
  • 同現場で送信ユニットは最大5機の運用が可能
  • 受信機はバッテリー内蔵で、専用充電器を使用して充電

システム構成

概略仕様

送信ユニット

■ 主な仕様■
①探知距離(2段階設定/危険距離と警告距離):1mから15mまで設定可能
※危険距離とは:作業員と車両との距離が、非常に危険な範囲に侵入した場合
※警告距離とは:作業員と車両との距離が、危険と思われる距離に侵入した場合
◎危険距離に対して警告距離は長く設定してください
※警告距離設定が危険距離設定より短くなっている場合、危険距離設定が優先され、
警告距離設定は認識しません
②車内用パトライトとエンジン停止について
※警告距離に作業員が侵入するとパトライト点灯&ブザー鳴音
※危険距離に作業員が侵入すると重機のエンジンが停止(パトライトも消灯&消音)
③同現場での送信ユニットは最大5機の運用が可能
④対応電圧:12V/24V
⑤IPX5相当の防水性

ヘルメット装着型受信機(子機)

■ 主な仕様■
①探知距離(2段階設定/危険距離と警告距離)により振動と音が変化

●危険距離の場合:振動が続き、警報音もなり続ける
●警告距離の場合【重機が接近している場合】:
振動が一定間隔で振動⇔停止を繰り返し(約1秒間隔)
警報音も上記パターンと同様で一定間隔で音が鳴る⇔止まるを繰り返す
●警告距離の場合【重機が離れている場合、または停止している場合】:
約0.5秒間振動⇔約1.5秒停止を繰り返し、
警報音も上記パターンと同様で音が鳴る⇔止まるを繰り返す
②LED点灯/点滅パターン
●電源ON時:緑点灯   ●電源OFF:消灯
●バッテリー残量10%以下(使用中):赤点滅
●充電時: 緑点滅   ●充電完了:消灯
●危険距離時:赤点灯  ●警告距離時:橙点灯
③使用時間の目安(バッテリー容量:1000mAh)
●約30時間(待機時間)
●約3.5時間(危険距離の振動と音)
●約5.5時間(警告距離の振動と音)
④受信機専用充電器で充電(USB端子は無く、通電用金属板を採用)
⑤IPX5相当の防水性

ヘルメット装着型受信機用(子機)6連充電器

■ 主な仕様■
①充電時間:約4時間
②充電中の受信機(子機)LED点灯/点滅パターン
●充電時:緑点滅
●充電完了:消灯
③電源:AC100V~240V 50/60Hz
④電流:300mAx6(個) ※最大1800mA

PDFカタログダウンロード